新着情報

2020.09.16
ホームページを公開しました

1 僧侶派遣・慈悲の会(曹洞宗)

◎法要内容等

〇通夜、葬儀(二日)(戒名・読経・法話・お膳料・お車代・心付け)――――15万円

〇一日葬(戒名・読経・法話・お膳料・お車代・心付け)――――――10万円

〇直葬(戒名・読経・お車代・心付け)―――5万円

〇年忌法要等(読経・開眼、閉眼供養・法話・お車代・心付け)――――――万円

◎派遣エリア

東京23区、千葉、埼玉

◎依頼先(お問い合わせ)

慈悲の会(曹洞宗) (携帯電話:090-1218-3785)(08:00~20:00)

          (固定電話・fax兼:047-433-9373

(メール:yamadera24@jcom.zaq.ne.jp

2 自著販売

◎山寺邦道『死生観』パレード社

概要の紹介:本書は、第一部妻の死、第二部得度、第三

部死生観から構成されている。

第一部では亡き妻の悲嘆と無念さを著者が時の経過によって風化させずに心に焼き付ける想いから、亡妻の闘病生活を中心に記述したものでる。また第二部の得度は、日本仏教七宗派のうち僧侶になるのが最も厳しいとされる曹洞宗の禅僧を目指して、古希をはさみ著者が修行した経過等について論述し、更に第三部では、第一部と第二部を踏まえた上で死生観を様々な観点から参究したものである。

(1800円=定価1600円+消費税+送料)


◎山寺邦道編著『死への準備』パレード社

概要の紹介:本書は、二部構成となっており、第一部は

死への準備、第二部は僧侶の任務である。

僧侶の職務は端的にいって二つあると考える。それは悩み苦しんでいる人々の心を救済すること、もう一つは死者に引導等仏事を執り行うことである。前著『死生観』は、出版後多数の読者からの温かいご感想を頂いたが、それらのご所見等をも踏まえ、第一部では、死をめぐる主要問題について様々な観点から考察し、また第二部では、昨今の葬祭業務のほとんどすべてを取り仕切っている葬儀社といえども犯すことができない僧侶の大切な任務である戒名授与と葬儀・読経等について解説したものである。

1700円=定価1500円+消費税+送料)

◎依頼先(お問い合わせ)

慈悲の会(曹洞宗)(固定電話・Fax兼:047-433-9373

(メール:yamadera24@jcom.zaq.ne.jp


死生観
死への準備

3 揮(き) 毫(ごう)

◎掛軸等の揮毫請け合い(揮毫僧侶山寺邦道は日本文化書道学会高等書道師範)

掛軸・額・帖・巻子・扇子・短冊・色紙等の揮毫

◎依頼先(お問い合わせ)

慈悲の会(曹洞宗)(メール:yamadera24@jcom.zaq.ne.jp

4 坐禅指導

坐禅講義及び坐禅作法(令和3年1月から坐禅会紹介)

5 法話録

慈悲の会 代表 山寺邦道の法話録(令和3年1月から毎月更新)
ページの先頭へ